« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

退院

白内障の手術の為に入院していた母が土曜日の朝退院した。
入院・手術当日と翌日の4日間、私も仕事を休んだ。
白内障の手術って今の時代日帰りでもできるくらいなんだけど、81歳の母の年齢を思えば入院してくれている方がこちらも安心だったしね。

退院した日から録画してあった大好きな韓流ドラマをぶっ通しで見続けているらしい母sweat02
いくら見えるようになったからって休憩しようよ~!(笑)

2011042115500000
入院していた病院の増改築工事。
偶然にもクーパパの勤務先の会社が請け負っております!hospital

嬉し楽し♪

久しぶりの淀川河川公園。

ついこの間までは駐車していた車も少なく、人もわんこもそれほどいなかったのに。。
これだけ暖かくてお散歩日和な季節になったら、やっぱり車も人も多し。
わんこの数はそれほどでもなかったけれど、お子ちゃまが多いのでなかなかオフリードにしてあげられる場所がみつからず。

でも歩いて歩いてみつけたよ~♪
のんてんのこの笑顔!
こんなに楽しそうに走ってくれたら、こっちも嬉しくなるよね!

2011041715060001

2011041715060000

2011041715050000

2011041715030000_2

2011041715010000

2011041715000001

2011041715000000

2011041714590000

13日から実家の母が白内障の手術の為に入院しているので、毎日病院へ顔を出してる私。
その間のんてんは留守番してくれているので、お詫びにストレス発散させてあげました♪

帰ってからクーパパがのんてんをシャンプーしてくれて、私はドライヤー係。
うへ~、汗が滴り落ちる季節になったのね~~

ってことで、明日はフロントラインプラスを忘れないようにしなくっちゃね!

しゃべり疲れた!?

お互い忙しく、普段は挨拶もそこそこのお隣りさん。
昨晩たまたま立ち話して、もっとゆっくり話そうよって事になり、今日は昼からサイゼリアに行ってきた。
PM1時に入店して、パスタとミニフォカッチャとデザートとドリンクバーで粘って粘って、出てきたのはPM6時過ぎ。(汗)
しかも帰ってきてからまたまた立ち話して、結局別れたのはPM7時過ぎでした~(爆)

しゃべりすぎ!?
でもあっという間だったわ。

帰ってきたらのんてん大喜びで歓迎してくれたけど。
私を待っていたというよりは、ご飯を待っていたんだろうね~!ヽ(´ー`)ノ

2011032111380000

2011040616350000
さっきの大歓迎はいずこに~ってなくらい、今は無視。
ご飯が終われば私って用なし???(苦笑)

サクラ・桜・さくら

お墓参りに行ったら霊園の桜が満開!

でもその足で大川にも行ってきたら、
大阪の方は自粛じゃないのね・・・ってなくらい花見客多し。
濡れた地面にブルーシートを敷いて宴会やってました。
桜は満開のところもあれば、八分咲き九分咲きのところも。

2011040913450000

2011040914280000

お花見終えて買い物してから、8種のワクチン接種をしてもらう為に動物病院に行ってきました。
狂犬病の予防注射やフィラリアの時期とはいえ、混み具合過去最高~
6時頃に行ったのに終わったのは8時半回っていて、どっと疲れたわよ。(;´Д`)

花粉症ピーク!

先週末から花粉症状のピークがやってきた!?

2月中旬には耳鼻咽喉科に行って、飲み薬(抗ヒスタミンとステロイド)に点鼻薬・目薬2種類づつもらってきて、その日の飛散量をチェックしながら症状に合わせて薬の組み合わせを変えて飲んでいた。

でもこの2,3日、ステロイドも効かない~!?
くしゃみ・鼻水・鼻づまりが延々と続く~~~(涙)
でもそんな中鼻づまりの時にと貰っていた点鼻薬がスゴイ効き目で感動♪
トラマゾリン点鼻液といって、鼻の充血を抑えるものらしいです。
鼻づまりで悩んでいる方はぜひお試しあれ~!


さて話が変わりますが。
4月1日からミスドでこんなんもらえます♪

2011040318130000
ドーナツ・パイを8個買ってこのカップを貰ったら1000円になるキャンペーン!
まずそんなことを知らずに最初貰った男の子カップ。
そうなるとどうしても女の子カップも欲しくなってしょうがない。
って事でまたまた買っちゃいましたよドーナツ!
そしてめでたくペアで揃ってウキウキ♪

で、このカップでホットオーレを淹れていたらクーパパが笑いながら言う。
「嬉しそうやな~」って。

こういうささやかな事が今の時期本当に幸せに感じます・・・

パエトーン

こちらで無料で読むことが出来ます。
『パエトーン』山岸凉子作

この作品は1988年チェルノブイリ事故のあとに書かれたものだそうです。
人間の愚かさと原発の怖さを改めて考えさせられる作品です。

読んでいて鳥肌が立ちました。

原発が本当に必要なものなのかどうか考えるきっかけになります。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト

HPはこちら!(^^)

里親

  • 里親